iPad(WiFiモデル)ではGPSログを取れない?(1)

スイスMyLove
スポンサーリンク

目指していること

スイスのハイキングでログをとってブログなどに表示するという利用を考えている。

愛用のiPadにGPSアプリを入れて歩いた軌跡を地図に描かせるということである。

これまで試したのは主にGeographicaヤマレコMAPGoogle Mapsという3本のアプリ。

Geographica

ヤマレコMAP

Google Maps

スポンサーリンク

そもそものボタンの掛け違い

その前に何故iPadでGPSアプリが使えると思い込んだのか説明する。多分自分と同じように考えている人が多いはず。

 iPadにもスマホと同じように位置情報サービスというものがある。昨年のスイスハイキング旅行でiPadで撮った写真をインスタグラムにアップした時に撮影場所の候補が提示されるのだ。即ち写真をSNSに投稿する時もどこで撮ったのかわからないということはなかった。しかも現地に着いたら時刻表示も現地時間に勝手に変わっていた。

 こういう経験をしてiPadにはGPSが入ってると思い込んだのだ。スイス再渡航の準備でiPad mini4を購入し、Geographicaの無料版から有料版に切り替えた。それから勇躍近所を歩いて地図にログを描かせるテストを始めた。ところがGeographicaの無料版ではログの記録時にピヨピヨという小鳥の音が鳴っていたものが聞こえなくなっている。何回やっても結果は同じで途方に暮れGeographicaの開発者にその旨を伝え、解決策を尋ねた。



すぐに返ってきた答えは衝撃的であった。iPadにはGPSが入っていないので、Geographicaは対応しておりません・・というものだった。ん?そんなことないだろ、スイスで居場所をしっかり認識したよ。その回答でGPSとAーGPSの違いにも触れていたので、ネット情報で調べまくった。  そうしてようやく分かってきた。一番役に立った記事が下記。Geographicaの前身のアプリに関する解説であるが、GPSとAーGPSの違いに関しては最も詳しく分かりやすい。長いので最後のコラムの部分だけ読んでも違いが分かる。

スポンサーリンク

今までの努力は水の泡か?

 今までスイス再渡航に向けやってきた準備の前提は「iPadでGPSログをとれる」ということであった。しかもiPad mini4まで新しく買っている。信じて突っ走っていたらいきなり頭を殴られたような衝撃を受けた。しばらくは鎮静期間をおかないと考える気もしない。

(2)につづく

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました